エーゾー、エーゾーそれでエーゾーZ

溶接、機械器具設置工事、バンド、遊び、11年目突入!のなんでもあり日記 ハードコアバンド LIVE IT DOWN vo.

東日本に猛威を振るった台風19号だが 

他人事では済まされぬ事態が発生した

土曜の夜  暴風雨を自宅で静かに過ごし  自宅はなんともなかった   

日曜 朝から 工場兼実家で仕事をしようとしてたら

朝6:00過ぎに社長からlineで写真が送られてきた   

IMG_2391 
(遠く見えるのは土手)
この時点で 約35年以上前の記憶が蘇る  

我輩が小学低学年の頃に一度だけ台風被害でこれに近い事が起こったのは記憶にある

しかし  次の日写真で   (約30分後) 昔の記憶を上回ることだと思い知る

IMG_2327

とにかく車庫は少し登り勾配になってるので車は出来るだけ上に詰めたみたい

水位がジリジリ上がってきてると 

我輩自宅から 工場兼実家までは休日でも車で約40分 

1番近い橋と2番目に近い橋も水没で通行止め 3番目に近い橋を渡り なんとか 川越の工場兼実家に到着 

記念に写真でも撮ろうかと思ってたら  社長から
 
「とりあえずトラックを車庫から避難させよう」と


この時点で 工場目の前の交差点には消防車や消防団の方々がかなりの人数でいた 
IMG_2334


とりあえず状況が把握できていない我輩 

同じ地区の川の上流で決壊した模様だと言うことを知り

どんどん水位があがっている理由をやっと知ることとなる

呑気に写真撮影などしてる場合じゃなくなり

朝から汗かきながら少し低い土地にある トラック3台を高台へ避難させる




この赤い鉄板敷いてある場所がトラック車庫 

オヤジの畑は完全水没   

IMG_2333

そうこうしている間に 今度は 実家と
事務所がやばいんでないか? ということになり

事務所の重要な書類と 

実家の仏壇、おふくろの骨壷をとりあえず2階へ避難 

この時点で 今までの人生で避難することってなかったから  結構焦っていた  

どこまで水位が上がるのか    自宅が床上浸水するのか?   

どこまでの物を2階へあげればいいのか?

不安で仕方なかった 


近所の人が訪れたり、避難準備したり 大変だった

消防団からは まだまだ水位は上がる模様だ!と言われ  

地に足が着いてない状態だったのは間違いない 

はっきり言って興奮してたかも 

結果的に目の前の家は床下浸水と車は水没してしまっていた

朝から2時間程はなんやかんや 対応に追われた


午前11時頃には水位の上昇は止まり  引いてきた

実家と事務所はギリギリの所でセーフだった

工場はまた更に一段高いので 問題無し

IMG_2351
(工場屋根から )

完全に湖状態だ

この左手 もうちょい奥上流に  ニュースでもバンバンやっていた 孤立した老人ホームがある

引っ切り無しにヘリコプターが飛び 

この有様を一目見ようと  野次馬が凄かった 

近年村1番の盛り上がりだったことは間違いない 


その昔  我輩が小学生だったころ 

この村の友達の家の前で渡哲也率いる大門軍団の西部警察の撮影が行われたらしく

その時も  大盛況だったらしい  多分その頃以来じゃないかなー(笑)  笑い事ではないけどね

テレビ局の車も通るし   レポーターも我輩の目の前を通るのだが・・・

マイク🎤を我輩に握らせろ!(笑)   せっかく状況説明してやろうとしてるのに  人相悪いからなのか

スルーしやがる(笑)
IMG_2394
(夕方16時頃) 某在京キー局の カメラマンが撮影している

この橋の麓にはすぐポンプ場があるのだが、上流が決壊しているために ポンプで汲み上げても また水が戻ってきてしまうので意味が無いのだ  

だいぶ引いたが それでも月曜もこの橋は無理であろう


すぐそばのお袋の墓を建てようしている墓地も結構水没してた  納骨をしなくて良かったと思う



更に近所の工場
IMG_2395

屋根が完全に吹っ飛ばされた 

IMG_2376
去年も飛ばされて 

2年連続だ 💦   構造的に無理なのかもね

ウチがやったわけではないが 月曜 とりあえず車が出せないから 少し動かしてほしいと言われた 

他の仕事もあるが、近所だから 仕方ない💦

助け合いだわ

老人ホームも孤立はしたが 全員無事みたいだし

この地区での死傷者は無かった模様だから良かったが

長野 千曲川の被害はこっちなんて比にならないくらい 凄い 

少しでも被害が少ないように願うしかない

今回 我が土地は  畑は水没したが それだけて済んだ 


有り難いことだ 

これで床上浸水なんてしてたら

仕事どころじゃなくなるからねー


自然の猛威を改めて感じた



自然と戦っていくしかないだろうね

人間なんてちっぽけかもしれないが







次いつこうなるか分からないが 対策はしなくてはいけない 


命がある事に感謝して

生きて生きて生きまくるぜー


親父日記ランキング続きを読む

水曜 昼間は  年1の健康診断  

40歳前から始めて  もう5回目かな

歳とると  何処から身体が壊れていくか 分からんから

年に1回位は 調べないとね

毎年やってるバリウム  もうヘッチャラだぜ(笑)

ラグビー選手の様な強靭な精神力と肉体が欲しいわ

男の中の男って感じだよね
 
ラガーマン



我輩は体重は去年と比べて 約4kg程 落ちた 

今年は色々あったからなー 

まぁ でも今丁度良い感じだね

あとは 腹だな(笑)  

バリウム飲んでさっさとクソ出したいから 下剤飲んで  鶴ヶ島駅前の背脂たっぷりの らーめん ぶーけ🍜 へ
IMG_2225
背脂醤油らーめん 厚切りチャーシュー トッピング

ニンニクたっぷり入れて

久しぶりで美味かったぜ    


そんな週の中日は  夜 池袋にて


バンド練習  

練習前に 次のライブの企画者  broken lifeのウメちゃんが フライヤー持って遊びに来てくれたぜー
IMG_2227

我等も11月3日向けて   張り切る 

ライブ曲を確認しながら
IMG_2233

鋭い眼球で  弾く waka  

IMG_2230

疲れたけど 気持ちいい良かったぜ!

IMG_2235

重い音のバンドが勢ぞろい  

11月3日は 重音、激音の文化を披露する日になるだろうね(笑) 


前売りチケット 取置きできるので
liveidown.official@gmail.com  迄   


そして練習後は  やめようかなと思ったが

今日は昼のラーメンしか口にしてねーから

身体が 欲しがってたみたいで

IMG_2241


久々の1人貴族   


鳥になれました(笑)

これから年末まで仕事もプライベートもバンドも忙しいでー

11月出張あるし
ライブあるし
12月も1本ライブあるので

年末年始も仕事決まりだし


まぁ 我が家の三女の監視が恐いが

なんとかなるだろ(笑)  


中年おじさん まだまだ 突っ走っるぜー



親父日記ランキング


土曜 夜向かうは 川越駅周辺

朝の通勤で ごくたまに路線バスを使うときはあるが

夕方 路線バスで川越方面に向かうのは 初めてだ

停留所で暫く待つ  

そして  バスが来たと思って 運転手を見ると  

なんと高校の時からの友達A こんな偶然あるのか‼️

と思うくらい

更に更に 乗客は 我輩1人だけ

暫くバスの中は運転手の友達と2人きり‼️

今はバスの中にも防犯カメラがあるらしいので

大人しくしてました

数ある路線の中でたまたま土曜は 我輩が乗った路線に乗車だったと運転手  

まさか 友達の運転するバスに乗れるなんて ネタ的には最高だった!(笑)
IMG_2178


そして  バスを降り  運転手の友達に別れを告げ

久しぶりに川越1番の繁華街 サンロード  古いか!( 今はクレアモール)   を歩く  


懐かしいかった      

そして 居酒屋🏮へ

3年振りの 中学同窓会 

みんなで 呑んで 喋って 喋りすぎて やはり料理は大量に残る  (本当申し訳ない)  

毎回 最低のコース料理にしているが、メンツが懐かしすぎて 箸を持たずに 飲み物とおしゃべりだけが進む  

最初はなぜか男女別々のテーブルになって宴会がスタートしてしまい  このまま3時間はマズイとなり

お世話係のSが自ら買って出て  席替えクジ引きが始まる(笑) 

男は誰でも 席替えを待っていたはずだ! (笑)

そして ここからが本当の宴会スタートであった

ここからSが 更に キャバクラの付け回しの如く 
良い仕事をする(笑)  

何故か 馬鹿な男達は Sに  

「あの子を俺の隣に付けてくれ」

など 注文をする(笑)

話をしたければ 自ら乗り込め 馬鹿な男達よ!(笑)

人に頼るな!  

IMG_2179

酔いも入り  昔 若い娘も今は艶の乗った熟女になり  同級生の中年男をもてあそび  その餌食になる独身A(笑)    

宴会メニューとは別に  カニ、ウニ、エビをせがまれて   オプションで自腹を切る  A(笑)  

ここは 博多のキャバクラじゃないんだぞ!  

 もう酔ってるAは歯止めが利かない(笑)

結局  福沢諭吉様が1枚ひらりとレジに吸い込まれたのである

さすが 太っ腹 A‼️  

海の高級な幸で 熟女を釣ろうとしたAは    手玉に取られ 

結局 何も釣れずに 餌代だけは掛かった(笑) 

「世の中甘くないな」と 後の本人談  

そんなこんなで同窓会は 大いに盛り上がったり

IMG_2177

今回は総勢18名 集合  

昭和49年、50年産のおじさん、おばさん達は 皆元気であった  


約30年前同じ校舎で過ごした仲間達は最高だぜ!

また来年 同窓会開催するぜ!  

それまで 生きて待て  

誰も死ぬなよ!




親父日記ランキング

我が社には珍しく みんなで工場で作り物中

それぞれやる事は違うがみんなで工場にいるって

ここんところ 殆ど皆無だから 珍しいわ
 

オジサン達2名は 食品機械のフレーム

ゴーヘイは ずっと工場に居て作り物やっていたが あれ?  またか?

本日から現実逃避行✈️でどっか また行きやがったぜ!

あんにゃろー(笑)    

「そろそろ結婚したいんですよねー」  と口癖だが

無理だな!  現実逃避行してるようじゃ(笑)


嫁探し ちゃんとして来いよ! 

口だけじゃなくて


そして我輩は  仲間の重量屋さんから頼まれた  

トラックのサイドバンパー製作 真っ只中

オールステンレスで しかも 400番と言う  ピカピカ系 

傷付けられないし 大変なんですわ

IMG_2123

溶接した後の   バフ掛け作業が時間かかる

専門業者じゃない我輩に製作を任せてくれる

重量屋さんに感謝して  一生懸命作らせてもらうぜ

「ステンでサイドバンパー作れる?」 って連絡きて

「出来ます!  やらせてもらえるなら」と返事して

我輩を信頼して やらせてくれるんだから

信頼、信用問題だわな


こういうお客さんを大事にしなきゃいけないね!

まぁ専門業者には 技術や精度は敵わないけど

自らの現時点での技術を駆使して やらせてもらっている

来週の日曜、月曜にトラック預かって取付やるので

それまでに仕上げなきゃならん


ウチの場合 1つの事だけ やってればいいって感じじゃないので 出来る時に進めておかないといけないのだ


なんだかんだで仕事が舞い込んでくる

感謝しかない!🙏

仕事が無いのは兎に角辛いからね

民間企業は自力で食べて行かなきゃならんのでね

どこの会社も人手不足が深刻だそうだ

外国人に頼る会社が多いみたいだね

ウチは今のところ日本人だけだが

ウチみたいな会社でも最近は外国人雇ってる会社が結構あるみたいで  意思の疎通をするのが大変みたい




IMG_2107

出来映えもイマイチ良くないって会社もあるみたいだし

コミュニケーションが上手くとれてないんだろうね


日本人の若者よ

職人を目指せ

スーツきてやる仕事もいいかもしれないが

作業着着て 手に職持つ事もいいぜ!

ものづくり しようぜ!

 このままじゃ 日本国 ダメになっちまうぞ!





製造ランキング 





アーク溶接


tig溶接


(どちらも全く関係ない知らない人ですのでw)

前回の岡崎出張の時に発覚した 

我が先祖の墓に塔婆立てが無い事案  

住職の許可を得て 自作でも構わないとのこと

もう嬉しかったね!

自分の先祖の墓の物を自ら作れるんだぜ

出張戻ってから ちょこちょこ作ってたのが完成

IMG_2001
制作年月日と製作者の名前を刻印で 

まぁこの刻印の面は裏側だから見えなくなるんだけどね


IMG_2002
我ながら中々の出来映えだ!

また新たな商売できっかな!(笑) 

オールステンレスで土台となる 磨かれて無い部分の中には転倒防止でコンクリートも詰めてある

更に底辺には丸棒を溶接して 土にぶっ刺す  

これで  太平洋の強風にも耐えるであろうと!


そして 日曜休みになったので

オヤジ連れて子供連れて行こうと土曜までは言ってたのだが、   土曜の夕方  の天気予報が日曜は静岡市は雨が本降りとのことで

延期しようと決める!


そして日曜  朝自宅にて  起きると  晴れてる?

すぐに雨ふりアプリを見てみると  静岡は全然雨降ってない  

天気予報の嘘つき〜〜‼️ 


すでに 朝8:30  すぐに実家の兄貴に連絡して

今から 静岡行くか!  連絡を取り  

起きてから自宅を出るまでの時間10分 

 
この時期を逃すと またいつ行けるか分からないので

思い立ったらすぐに行動 

帰りが遅くなるかもしれないので

子供には悪いが 連れて行かなかった 

結局 兄貴と2人で 静岡市急行 

正午ピッタリに墓到着 


すぐに住職さんに御挨拶して

早速 作業開始 
IMG_2057
まずは御先祖様 万歳‼️の御挨拶をし

砂利をどかして 
 ぶっ刺す!

ちょうど住職さんも見に来てくれて

「自分で作ったの?  立派に出来たね!」

「これだけ頑丈なら大丈夫だ!兎に角 海からの風が凄いからね」と 

IMG_2088


てか我輩が産まれる前の昭和44年に墓建立して 何故に今まで 親や親族達は塔婆立てを建てようとしなかったのか?   疑問に思った 

  まぁ この墓建てた 叔父さんも今はこの中にいるんだけどね (笑)

まぁ 今回 我輩が作る事になったもの 何かの縁だから

それはそれで 我輩は嬉しいのだが

IMG_2067

建立年月日を見える所に刻印じゃ


IMG_2091

良い物が出来たぜ!

御先祖様も喜んでくれると思うのだが

今迄は 塔婆立てがないから

横に寝かせてあっただけだからね

時間が経てば 撤去されていた  

これからはもうそんなことはない

より一層 静岡のこの墓への思いが強くなった
 
我輩の苗字とは違うが、 母方の御先祖様が眠る墓

埼玉と静岡 ちと 簡単には来れないけど

これからも 忘れずに供養に来たいと思う 



そして 帰りは 

生しらすを買おうとしたが、天候不良により 漁に出てないらしく、生しらすは無し   やはり冷凍よりモノホンがいいから 今回は諦めたぜ


昼飯を食べてないので
清水港の観光スポットの食堂へ
IMG_2077
IMG_2085


昼飯

どこも美味そうだから どの店に入っていいかわからん

IMG_2081


鮪づくし定食   マグロ スゲー美味かったぜ!
 


兎に角 今回は
お寺の住職さんのお陰で

自らの手で 塔婆立てを拵える事が出来た

住職さんに最大限の感謝ですわ!




充実した良い日曜日を過ごしだぜ!



製造ランキング 

このページのトップヘ