エーゾー、エーゾーそれでエーゾーZ

溶接、機械器具設置工事、バンド、遊び、11年目突入!のなんでもあり日記 ハードコアバンド LIVE IT DOWN vo.

タグ:闘病

26日 日曜日  

朝から相模ノ国で 1人で蒸気配管の改修工事  

もともと そんなに時間はかからないであろうと思ってはいたが、 うまくいって ちょうど お昼で終了  

さぁ 昼飯食って 川越に戻ろうかなと思ったら

社長(兄貴)からLINEが  1通  

「なるべく早く帰って来い!」  

これは何を意味するのか?  だいたい予想は出来た 


もともと日曜 現場が早く帰れそうだったので

家族でお袋の病院へ 見舞いに行く予定ではあった

だんだん容態が悪くなっていくのはわかっていたので  みんなで行ける時は顔を見せに これが最期かもしれないと  毎週思っていた


そこにきての このLINE  


現場の駐車場のトラックの中で

すぐ兄貴に電話をする

すると いきなり涙声  

すぐ察した 


我輩も日曜の暑い車内で


号泣したわ

それからは 少しでも早く 母ちゃんの顔を見たくて号泣しながら 

圏央道で戻る





土曜の夜から 日曜の朝に掛けて 

苦しんでいたらしく

朝 親父が呼ばれ  

その時はまだ意識はあった

昼前に兄貴が行った時は既に意識朦朧 

そして 
2019年 (令和元年)5月26日 日曜日

12時17分  永眠 


74年間の生涯に幕
早すぎるよ




我輩が兄貴に電話したのが、
12時23分  

時すでに遅し  

兄貴とオヤジは看取る事が出来たが

我輩と地方出張の多い次男兄貴は看取る事が出来なかった  

仕事をしてなさい!って事だったのかなと



土曜日は 子供の運動会があるので




金曜の夕飯に付き添い 

苦しそうではあったが

少し話をして  

「土曜は来れないから日曜みんなで来るからね、おやすみ」    これがお袋との最期の会話だった


この2週間程は  見舞いの帰り際に必ず

握手をして病室を出てた

握る力は 結構力強くあったんだよね

だから まだまだイケると思い込んでいた


そして いつも 「今まで育ててくれてありがとう」って言葉を

言いたかったけど、なんか生きてるのに言いづらくて 言えなかった 


今更だが  後悔している

もっと素直に 「ありがとう」の言葉を言っておけば良かったと



若い頃から内科の医師にほとんど掛かった事が無く  高齢になっても 内科の薬は飲んだことなかったのに


最後の1年は今までの人生で飲んで来なかった分の薬を沢山飲んできた

何回も心が折れそうになってたはず

「修行が足りないって事だね」  と言っていた


肺がどんどんやられていき

金曜の最後の夕飯の時もほとんど食べられない状態だったのだが

「もうお迎え(あの世)に来て欲しい、もうどうなってもいい」と言っていたので

こっちは涙が出たわ


そして我輩も

「向こう(あの世)へ行ったって 美味いご飯食わしてもらえるか分からんから 今のうちに食べておこうよ!」    そう答えた



最後は身体全体がボロボロになっていた


家族の為に  炊事、洗濯をし

オヤジが自宅に人を呼ぶのが好きだから

その都度対応して 正月は毎年大新年会の

裏方に徹して

会社の為に経理をし

とにかく 働きっぱなしの人生だったはず



弱音を吐かない母ちゃんが自慢だったが

最後は弱音吐きまくってた

それが当たり前なんだな

普通の人間だから


勝手に母ちゃんは強いと思い込んでいた 


《何事もなるようにしかならない》

母ちゃんの口癖

この言葉をこれからも我輩は噛み締めて生きて行こう思う 


人間 誰だって必ず最期を迎える時は来る 

別にウチだけが特別なわけじゃない

ただ この時期になったってことなのかな

まぁ まだ早いけどね

もう疲れたんだろうな

突っ走り過ぎて   



「本当にお疲れ様でした」 


男3人の子供を育て  女は母ちゃん1人で 男系家族と思われたが

我輩らが結婚して孫4人が出来たら  孫全員女 (笑)

嫁も含めて 一気に母ちゃんの味方が増えて

女系家族に大変身  

嬉しかっただろうな


去年の11月辺りから5月24日金曜まで半年間以上  自宅療養中も入院中も

夕方6時くらいから1時間以上出来る限り 

温熱治療器したり  夕飯に付き合ったり

マッサージしてあげたり 

親子としての濃い時間を過ごさせてもらった



母ちゃん今まで本当に本当に 育ててくれてありがとう


本当にお疲れ様でした

今はゆっくり休んでください

ゆっくり休んだら 今度は上から

一族が道を外さないように監視しててください
 



我輩は今週は思う存分  

泣かせてもらいます

人目をはばからず泣くと思うので

お許しください



また母ちゃんの手作り餃子が食べたかったぜ
どこの店の餃子よりも美味かった
世界一の餃子



感謝しかありません
ありがとうございました  母ちゃん  




親父日記ランキング

現在 実家の オフクロが闘病中である

病名は最近よくテレビでも耳にする肺腺癌だ

去年 2月頃から 咳が出始め 我輩が6月〜約1か月の出張を終え帰還しても

まだ咳が収まらないでいた。  さすがにおかしいと思い 病院に行くことを薦める

もともと病院嫌いな オフクロだが  高齢だしとりあえず行き   何もなければ安心できるじゃんと

そこから  町の診療所に行き 肺が怪しいと診断され  そこから 癌の疑いがあると言われ 

某大学病院へ紹介状を持って行くが  
そこでも 何度も検査され 癌の疑いがあると 

疑いのまま 約2ヶ月  

そして 9月  ついに 肺腺癌 でステージ4と告知される 

本人が1番辛かった思う 



今まで ここ数十年 内科も通った事のなく、
薬も飲んだ事のない
  
元気だけが取り柄のオフクロが癌だなんて

我輩達兄弟は全てを受け入れるしか無く 

全面的にサポートして行こうと 話し合う


今まで育ててくれた 親だからね


そして 11月 いよいよ抗癌剤が投与されるが

体力が持たないと告げられ 抗癌剤の強さも弱く設定してあって

全然効き目が無く 

この先も抗癌剤は厳しいと告げられた

親戚にもセカンドオピニオンを受けてみろとアドバイスを受けるが  その頃 また違う症状も出始めて セカンドオピニオンどころじゃなくなった

今いる病院の先生を信じて やってもらうしかないと
素人の我等は思うのだった

そして抗癌剤が投与されたオフクロの身体は食事もろくに喉が通らず 


気持ちもかなりダウンする

一回だけ弱音を吐いたことがある
ボソッと「心が折れそうになる」

言うのは簡単だが、

「 心だけは絶対折れちゃダメだからね」 と言い続けた



兄貴と一緒に担当医に呼ばれて
話を聞き

「あと数ヶ月生きられるかどうか?」

「これからは先は何が起きてもおかしくありません、 合併症、 呼吸困難からの心不全、肺炎、など 」

色々な話をされた


行ける時はほぼ毎日病院に見舞いに行っていたが、その日はオフクロの顔を見ることが出来ずに

病院を出た   


病院の駐車場で車に乗った途端  涙が大量に出たわ  


受け入れ可能な緩和ケアの病院を調べたり
人生の最期をどこで過ごしてもらうかなど
 今まで考えた事なかったことを

急に考えなくてはならなくなる

そして この頃  親戚付き合いをしている
知り合いから

温熱治療という 治療方法があると知らされる 

少し調べて 本を買って読み 

温熱治療器の存在を知り

即 購入 決して安い物でないけど命には変えられないからね

元々 癌は熱に弱いと言われているらしく


《冷えは万病の元》という言葉あるしね

身体に熱を当てる   結構な熱さである

 癌自体を消滅させることは無理かもしれないが、

身体を温める事によって 

人間の自然治癒力を高めるというのであろうか

とにかく 身体を温める事にする



病院でも 仕事上がりの面会時間を使ってベットで  温熱治療を施した 

素人の我輩だったが、 本を読み 

オフクロを復活させたい一心で

やってきた 

そして 去年 年末  抗癌剤も身体からぬけたみたいで少し身体の調子が上向きに

医者の判断で  「最後の年末年始になるかもしれないから帰るなら今だと」と退院をさせてもらえた  


ずっと家に帰りたいと話していたオフクロ 

家に帰って 美味しいウナギが食べたいと
話していたので、

すぐにウナギを食べさせた 



少しの時間だけでも 家に帰れるならと



はっきり言って 正直 この温熱治療に効果があるのか? どうかは分からない‼︎   

勝手な思い込みかもしれない

自己満かもしれない
 
ただ 何もしないで 見ているだけで親が目の前から居なくなるだけは避けたかった  

無力な素人なりに 全力を尽くそうと!

まぁ やれることは これだけなんだよね
医者じゃねーし
 
あとはオフクロの生命力を信じ 


やれることをやるだけ


幸い 実家で仕事をし  いつも親と顔を見て 接してきたから  やれるんだけどね

これで地方や離れて暮らしていたら
無理だからね

兄貴達や兄貴の嫁さん 

一族みんながサポートしてくれている

まだまだ死なせる訳にはいかない

1日でも多く 生き抜いてもらうためにね

今の時点で 
自宅療養中で   2週に1回病院で色々検査


血液の数値的には 変わらず いい感じらしい  


温熱の効果があるのかは分からない
 
分からないけど
効いていると信じて!

このまま  続いてくれればいいのだが

 ほぼほぼ毎日仕事終わりに 温熱治療を約1時間施術して帰るのが日課な我輩である


現在進行形だ

まだまだ諦めねーぞ

三井式温熱治療器3
三井式温熱治療器


我輩は この温熱治療器に 掛けてみる

これしくらいしか素人には出来ないからね


あとは仏壇の御先祖様に拝むくらいかな(笑)

 頼むぜ  御先祖様  

温熱様 



親父日記ランキング

このページのトップヘ